2013-09-15

10句作品テキスト 草の絮 村田篠

草の絮   村田 篠

二学期の少年水に触れてゆく
秋の暮とは階段の見ゆる窓
鉄塔の二百十日の高さかな
水澄むや玄関先に人の立つ
地響きのして秋麗の鼓笛隊
秋灯のひとつ港を離れけり
町名のここより変る白芙蓉
草の絮降る石を運んでゐる人に
月の夜をオプティミストの通りけり
花野より傘をなくして帰りたる

0 コメント: