2015-11-01

2015角川俳句賞落選展 15 北川美美 「梅日和」テキスト

15. 北川美美 「梅日和」

隣人に挨拶をする梅日和
春風や拳は素手で作るもの
頭を上げて啼く鳥を見る春の昼
菜の花と大根の花隣合う
歩き出す膝の後ろを初蝶来
野を焼いて水を飲み合う男たち
ぶらんこや空の向うに飛ぶ子供
沙羅の木に耳あてさぐる春の水
てのひらに丘あり草餅にくぼみ
文鎮は紙をとらえて立夏かな
花えんじゅ空につづいてゆく山よ
万緑の晴れてさびしき石河原
犬の眼が正面にある入梅かな
舟底より水面は高し燕子花
昼つづく昼の麦酒を開けおれば
縁台を水掛ける人と洗う人
トンネルを抜け木洩れ日の瀑布かな
草の花指の先よりこぼれけり
虫世界いま月蝕のはじまりぬ
隕石を重し重しと十三夜 
秋灯が点から線になつてゆく
崩落の崖留めている枯木の根
遺影より紅の明るし室の花
風花に日と雲薄く濃く速く
駅伝のテレビに映る近所かな
初場所のひかりをはなつ水と塩
電飾の音なき音や夜の雪
次の間も赤き絨毯冬館 
ホと息が前へ連なる寒の内 
雪重し鍵のかかりし運動場 
暖房や硝子に映る我等あり
雪道に小さく灯るレストラン
きさらぎを鳥の名前と思いけり
梅林うしろにあれは石切場
永遠にきゃべつ千切りしてをるか
歩き来て足が真つ赤ぞ鳥曇
くちびるにいちご冷たき静かな夜
ジオラマの中の家族や昭和の日
断層の岩肌を見る春の暮
鉄橋や高きを揺れる山の藤
小満の魚屋の前通り過ぐ
観覧車新樹の山と隠れ合う
夏燕土工の脚のたくましき
空豆の皮に皺寄る夕かな
怪我をした男に運ぶ氷水
滝の前みな歓声をあげている
竹は竹に凭れて撓る雲の峰
日本の暑さを競う盆地かな
夏の馬川がひとつになるところ
一日の終わりに流す夏の水



■北川美美 きたがわ・びび
1963年生まれ。 「面」「豈」同人。

0 コメント: