2020-02-09

【句集を読む】夏の渇き 浅沼璞『塗中録』の一句 西原天気

【句集を読む】
夏の渇き
浅沼璞塗中録』の一句

西原天気


ゆつくりと蛇口漏れゆく夏の海  浅沼璞

ひとしずくのクローズアップが近景。背後に夏の海が遠景/後景として広がる。「漏れゆく」の直後は切れているとも切れていないとも取れる作り。いずれにせよ、水の、このシンプルなつながりが美しい。

夏の渇きが、鮮明に強烈に句を包む。

景色を読みながら、渇きというきわめて身体的な感覚を伝えている点。ああ、この句、すごく好き。

作者は連句で知られ、『「超」連句入門』(2014年4月/東京文献センター)『西鶴という方法』(2003年/鳥影社)などの著書もある。集中にも俳諧味を愉しめる句が多い。

みな同じ性をゆらして初湯かな  同

手も足も出ない夜空の布団です  同

学歴もはらわたもなき鯉幟  同

竹夫人すこし年上かもしれぬ  同

また、堂々たる本格も。

海原に生まれ野分として吹ける  同

そんななか、冒頭に挙げた句は、作者の「本線」からはすこしはずれるかもしれない。でもね、だからこそ、こうした爽やかで外連味のない句がめだち、一直線にこちらに届くということも起きる。句群のバリエーションの妙ともいえるし、1冊まとめて句集で読む愉しみともいえる。

これ、愉しい句集です。


浅沼璞『塗中録』2019年11月/左右社
http://sayusha.com/catalog/p9784865282573%E3%80%80c0092


0 コメント: