2020-02-09

【週俳2020年新年詠の一句】枕の下に 瀬戸正洋

【週俳2020年新年詠の一句】
枕の下に

瀬戸正洋


枕よりはみ出してゐる宝船  森脇由美子

よい初夢を見るために、枕の下に宝船の絵を入れて寝ます。だが、私たちのできることは、そこまでなのです。宝船の絵が枕より、はみ出たのは宝船の意志によるものなのだと思います。私たちは、自身のちからでできることなど何もないことを知っています。宝船の絵が、枕よりはみ出したことが、吉なのか、凶なのか、それは、わかりません。目覚めた後に、良い初夢を見たのか、見なかったのか、そのことでさえ、忘れてしまっているのかも知れません。それでも、私たちは、まいねん、一月二日の夜、一年のくらしが、平々凡々であることを願って、枕の下に宝船の絵を入れて寝るのだと思います。


2020年新年詠

0 コメント: