2020-09-13

後記+プロフィール699

後記 ◆ 岡田由季

音楽にあまりこだわりがなく、音が欲しくなった時にAmazon Musicなどで適当に探して聴きます。最近はリュートの曲をよく選びます。音色がどこかなつかしく、気持ちが落ち着くのです。演奏される曲目も、オーソドックスで淡々とした曲調のものが多いようで、良い意味で邪魔になりません。それ以上このジャンルについて知識を深めようとか、特定の奏者を追求して聴こうという気もありません。こんな楽しみ方は、音楽が本当に好きな人からしたら、面白味がないかもしれませんね。

私は、俳句に「癒し」は求めていないのですが、ただ少し気分を和やかにしたくて、俳句を読んだり、作ったりする人も多いのかもしれません。いろいろな楽しみ方があってよいのだと思います。



それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。


no.699/2020-9-13 profile

■吉川わる きっかわ・わる
1965年生まれ。「都市」所属。
 
■樋口由紀子 ひぐち・ゆきこ
1953年生まれ。姫路市在住。「晴」編集発行人「豈」同人。2018年11月に第三句集『めるくまーる』上梓。

■竹井紫乙 たけい・しおと
1970年生まれ。「びわこ番傘」会員 句集『ひよこ』『白百合亭日常』『菫橋』。ブログ「竹井紫乙 川柳日記」http://shirayuritei.jimdo.com

瀧村小奈生 たきむら・こなお
2004年からねじまき句会で川柳を書き始める。
川柳・ねじまき句会、連句・桃雅会所属。


柳本々々  やぎもと・もともと
かばん、おかじょうき所属。東京在住。ブログ「あとがき全集。」

■川合大祐 かわい・だいすけ
1974年生まれ。長野県在住。「川柳スパイラル」所属。

■岡野泰輔 おかの・たいすけ
船団の会会員。共著『俳コレ』『季語キラリ』『漱石東京百句』『俳句の動物たち』。2016年7月、句集『なめらかな世界の肉』(ふらんす堂)上梓。

■こしのゆみこ こしの・ゆみこ
1951年、愛知県幡豆町海の町に生まれる。現代俳句協会会員、「海程」同人、「豆の木」代表。海程新人賞、第16回(1998年度)現代俳句協会新人賞、第5回(2004年)度・現代俳句協会年度賞。2009年句集『コイツァンの猫』上梓。

■竹内宗一郎 たけうち・そういちろう
1959年鳥取県生まれ。「天為」同人。「街」同人・編集長。

■生駒大祐 いこま・だいすけ
1987年三重生まれ。『天為』『オルガン』『クプラス』などを経て現在無所属。第三回攝津幸彦記念賞、第五回芝不器男俳句新人賞。第一句集『水界園丁』(港の人)。

■岡嶋真紀 おかじま・まき
1992年生まれ。岡山生まれ岡山育ち岡山在住。俳句甲子園がきっかけで俳句に触れる。無所属。
 
竹岡一郎 たけおか・いちろう
昭和38年8月生まれ。「鷹」月光集同人。句集『蜂の巣マシンガン』(平成23年、ふらんす堂)『ふるさとのはつこひ』(平成27年、ふらんす堂)

■小林苑を こばやし・そのを
1949年東京生まれ。「月天」「百句会」「塵風」所属。句集「点る」(2010年)。

■小久保佳世子 こくぼ・かよこ
「街」同人。句集『アングル』(2010年/金雀枝舎)。

■瀬戸正洋 せと・せいよう
1954年生まれ。れもん二十歳代俳句研究会に途中参加。春燈「第三次桃青会」結成に参加。月刊俳句同人誌「里」創刊に参加。2014年『俳句と雑文 B』、2016年に『へらへらと生まれ胃薬風邪薬』を上梓。

神山刻 かみやま・とき
2017年「プレバト!!」の影響で作句開始。2019年第3回円錐作品新鋭賞・花車賞受賞。結社無所属。

■中嶋憲武 なかじま・のりたけ
1994年、「炎環」入会とほぼ同時期に「豆の木」参加。2000年「炎環」同人。03年「炎環」退会。04年「炎環」入会。08年「炎環」同人。 

西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。笠井亞子と『はがきハイク』を不定期刊行。ブログ「俳句的日常」 twitter

岡田由季 おかだ・ゆき
1966年生まれ。「炎環」同人。「豆の木」「ユプシロン」参加。句集『犬の眉』(2014年・現代俳句協会)。ブログ 「道草俳句日記」

0 コメント: