2021-03-07

【中嶋憲武✕西原天気の音楽千夜一夜】クルアンビン「People Everywhere(Still Alive)」

【中嶋憲武✕西原天気の音楽千夜一夜】
クルアンビン「People Everywhere(Still Alive)」


憲武●バンドとの邂逅って、運命みたいなものなんでしょうかね。一聴して、じわじわと感情の湧き上がってくる瞬間が好きです。Khruangbinで「People Everywhere(Still Alive)」。


憲武●ギター、ベース、ドラム編成のテキサスのスリーマンバンドです。「クルアンビン」ってバンド名は、タイ語で飛行機のことだそうです。

天気●タイ語なんですね。不思議なバンドですよね。ロングヘアと髭っつう妖しさにまず目が止まっちゃう。

憲武●インストゥルメンタルのバンドって、最近ではなかなか珍しいんじゃないですか。

天気●女性も男性もちょこっと歌うみたいですけどね。まあ、ほとんどインスト成分といっていいでしょう。

憲武●テキサスのバンドなんですけど、無国籍のイメージでオリエンタルな香りもあって、どこか懐かしい感じします。

天気●ルックス的にサイケかと思ったら、エスニックですね。

憲武●どこかサーフロックの香りもします。ゆるいグルーブが心地よくていいんです。いつまでも聴いていられちゃう感じ。ベースの女性のクネクネもいいです。

天気●ゆったりえんえん続いていく感じ。ハマると気持ちいいです。

憲武●2019年にフジロック最終日に出てますね。この時、YMOの「Firecracker」のカバーもしてました。これから暖かくなってくると、屋外で聴くのもいいかもしれませんね。


(最終回まで、あと817夜)
(次回は西原天気の推薦曲)

0 コメント: