2021-12-11

〔今週号の表紙〕第764号 函館港 西原天気

〔今週号の表紙〕

第764号 函館港

西原天気


晴れた日の海のあかるさは格別で、水が大量にあるってこととどう関係するのか、関係しないのか、知らないけれど、海辺でなくとも、半島の、海岸線からかなり離れたところでも、「ああ、あかるい」と感じるのは、思い込みのせいばかりではないと思う。

港も、とうぜん、きほん、あかるくて、その「物理」的特性と、もともと外部との接点だったことにくわえて明治以降はいわゆる海外、いわゆるハイカラという文化的特性もくわわって、なんだか心の躍るあかるさを備える港町が多い。函館もそのひとつで、どの坂道も行き先は同じ港、同じひとつの海というわけで、すこし歩くだけで、好きになる。なった。いや、私は、だけどね。

だから、でかけた先に港があれば、とにかく歩いてみることをお薦めします。


週刊俳句ではトップ写真を募集しています。詳細はこちら

0 コメント: