2021-12-19

後記+プロフィール765

 後記 ◆ 福田若之

 
「雪虫」でGoogle検索したら、検索ワードの候補に「雪虫 おいしい」と出てきたので、あらぬ想像をする。昆虫食にしても、ちみっこすぎやしないか。そのとおりに検索してみると、どうやら「雪むし」という名のチーズがあるらしいです。
 
いや、綿虫も、そういえば油虫の仲間だ。油虫といえば、またの名を蟻牧といって、てんとう虫などの天敵を追い払ってもらうために、蟻を引き寄せるための甘い汁を分泌することが知られている。たくさん集めて食べたら、案外、ほんとうにおいしかったりするんだろうか。
 
しないか。
 

それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。


no.765/2021-12-19 profile 
 
■中嶋憲武 なかじま・のりたけ  1960年生まれ。「炎環」「豆の木」2013年週俳eブックス「日曜のサンデー」2018年 第四回攝津幸彦記念賞・優秀賞受賞。2019年 第0句集「祝日たちのために(港の人)」山岸由佳とのコラボレーションによるwebサイト「とれもろ」https://toremoro.sakura.ne.jp 
 
■岡田由季 おかだ・ゆき
1966年生まれ。「炎環」同人。「豆の木」「ユプシロン」参加。句集『犬の眉』(2014年・現代俳句協会)。第67回角川俳句賞。ブログ「道草俳句日記」
 
■西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。笠井亞子と『はがきハイク』を不定期刊行。ブログ「俳句的日常」 twitter

■村田 篠 むらた・しの
1958年、兵庫県生まれ。2002年、俳句を始める。現在「月天」「塵風」同人、「百句会」会員。共著『子規に学ぶ俳句365日』(2011)。「Belle Epoque」

福田若之 ふくだ・わかゆき
1991年東京生まれ。「群青」、「オルガン」に参加。第1句集、『自生地』(東京四季出版、2017年)にて第6回与謝蕪村賞新人賞受賞。第2句集、『二つ折りにされた二枚の紙と二つの留め金からなる一冊の蝶』(私家版、2017年)。共著に『俳コレ』(邑書林、2011年)。

0 コメント: