2022-02-06

【空へゆく階段】№58 解題 対中いずみ

【空へゆく階段】№58 解題

対中いずみ



「晨」第46号(1991年11月号)掲載。年譜によれば1988年12月に四ッ谷龍に誘われて永田耕衣に会い、その後ときおり句会に参加していたようだ。その消息は四ッ谷龍著『田中裕明の思い出』に詳しい。

本号の発表作10句。

よく聞けば京の言葉や胡麻の花

五山の火燃えて小筥をかたく錠

母らみなやさしくありし根釣かな

その人の句より歌よき子規忌かな

あなとほき正岡子規の忌なりけり

母ひとへ父よりの文露の家

唱へもす露の茅舎の露の句を

童子の目かくうつくしき夜食かな

みなやさし蓑虫を見て通るとき

深大寺ゆかりの墓に詣でけり


≫田中裕明 壮大な幻術 永田耕衣句集『生死』

0 コメント: