2022-03-20

〔今週号の表紙〕第778号 夏蜜柑のジャム 西原天気

〔今週号の表紙〕第778号 夏蜜柑のジャム

西原天気



夏蜜柑は春の季語か夏の季語かという話題、耳にしたことがありますが、私にとっては春の季語。だって、知り合いのお寺での毎年恒例の収穫は、2月か3月だから。

境内に1本きりの夏蜜柑の木。聞けば、むかしむかし鳥かなにかが落とした種が芽を出したもの。いまではみごとな大木で、毎年1000個からの実を結ぶ。

その日も顔見知りが集まり、700個ほどを収穫。ウチもひとふくろをいただいて持ち帰りました。

鍋の写真は、途中経過。もうすこし煮詰めて完成です。




週刊俳句ではトップ写真を募集しています。詳細はこちら

0 コメント: