2022-06-12

後記+プロフィール790

後記 ◆ 福田若之

そういえば、幼稚園から小学校ぐらいまでの頃、PUFFYの曲が運動会とかで流れる定番のひとつだった世代(というのがもしあると信じていいのならば、そう)です。たとえば、「はにかむ」なんて動詞を見ると、なによりもまず「渚にまつわるエトセトラ」が頭のなかをよぎっていく。
 

それではまた、次の日曜日にお会いしましょう。


no.790/2022-6-12 profile 
 
小西瞬夏 こにし・しゅんか
1962年生まれ。岡山市在住。『海原』同人。
 
■田中目八 たなか・もくはち
1978~。「奎」同人。西成の人。単家。パートタイム労働者。即興演奏。
 
■中矢温 なかや・のどか
平成十一年生れ。「楽園」と現代俳句協会所属。
 
■弓木あき ゆみき・あき
1999年生まれ。「むじな」参加。
 
■瀬戸正洋 せと・せいよう
1954年生まれ。れもん二十歳代俳句研究会に途中参加。春燈「第三次桃青会」結成に参加。月刊俳句同人誌「里」創刊に参加。2014年『俳句と雑文B』、2016年句集『へらへらと生まれ胃薬風邪薬』、2020年句集『亀の失踪』刊。
 
■中嶋憲武 なかじま・のりたけ 
1960年生まれ。「炎環」「豆の木」2013年週俳eブックス「日曜のサンデー」2018年 第四回攝津幸彦記念賞・優秀賞受賞。2019年 第0句集「祝日たちのために(港の人)」山岸由佳とのコラボレーションによるwebサイト「とれもろ」https://toremoro.sakura.ne.jp
 
■西原天気 さいばら・てんき
1955年生まれ。句集に『人名句集チャーリーさん』(2005年・私家版)、『けむり』(2011年10月・西田書店)。笠井亞子と『はがきハイク』を不定期刊行。ブログ「俳句的日常」 twitter
 
■岡田由季 おかだ・ゆき
1966年生まれ。「炎環」同人。「豆の木」「ユプシロン」参加。句集『犬の眉』(2014年・現代俳句協会)。第67回角川俳句賞。ブログ 「道草俳句日記」
 
福田若之 ふくだ・わかゆき
1991年東京生まれ。「群青」、「オルガン」に参加。第1句集、『自生地』(東京四季出版、2017年)にて第6回与謝蕪村賞新人賞受賞。第2句集、『二つ折りにされた二枚の紙と二つの留め金からなる一冊の蝶』(私家版、2017年)。共著に『俳コレ』(邑書林、2011年)。

0 コメント: