2007-11-04

榊 倫代 深い井戸の底

〔週俳10月の俳句を読む〕
榊 倫代 深い井戸の底 



後 頭 に 虚 空 ひ ろ が り 蓼 の 花   柿本多映

野 に 穴 を 想 へ ば 月 の 欠 け は じ む
階 下 で は 煮 込 ん で ゐ ま す 鵙 の 贄


虚無とかブラックホールとか、そんな言葉を連想した。

頭の後ろに広がる漠々たる空間。ぽっかりあいた穴の暗さ。もとは蛙だったのか鼠だったのか蜥蜴だったのか、とにかく得体が知れないものが、ガスの青い火の上でふつふつと煮えている、その鍋の中。

後頭の虚空にしても穴にしても、あるいは月の欠けた部分や階下の様子にしても、実際には目に見えていない。それでも確かにそこにある。そう感じることがある。尋常でない気配ともいうべきか。

深い井戸の底を怖々覗くような、そんな三句だ。



秋 風 や 薄 焼 菓 子 を 舌 の う へ 津川絵理子

夕方になると子どもが愚図りだすので、乳幼児用のせんべいを出して、てのひらにのせてやる。

せんべいは白くて軽い。齧りとるときこそカリッという音をたてるが、すぐにふわりと口の中で溶ける。

味は甘いようなしょっぱいようなはっきりしない味だ。いっしょに食べていると少し頼りない気分になる。そもそもいい大人が口にするようなものではないのだが。

秋風がいい。さびしさがいっそ清々しいところ、薄焼菓子に通じるものがある。下五に菓子をのせられた舌の所在なさを思った。



齋藤朝比古「新しき夜」10句  →読む振り子「遺 品」10句 →読む五十嵐秀彦 「魂の鱗」 10句 →読む大畑 等 「ねじ式(マリア頌)」10句 →読む岩淵喜代子 「迢空忌」10句 →読む柿本多映 「いつより」10句 →読む津川絵理子 「ねぐら」10句 →読む

0 コメント: