2009-06-14

〔週俳5月の俳句を読む〕岡本飛び地 水族館にふくろうが

〔週俳5月の俳句を読む〕
岡本飛び地
水族館にふくろうが


青葉木菟去りたる枝の余りたる  しなだしん

地元の水族館にふくろうがいた。お手伝いをしていた関係で、その水族館にはよく出入りしていた。その度にふくろうの展示のところで足を止めた。夏休みには毎日のように足を運んだ。その度にふくろうを眺めた。真っ黒な目がくりっとして、体はもこっとして、ときどき小首を傾げて、かわいかった。今年の春、何年か振りにその水族館に行った。もうふくろうはいなかった。余っていた。


しゃぼん玉のよくでる家のありにけり  こしのゆみこ

しゃぼん玉のよくでる家はきっと
小さい子供のいる家。親子の仲がいい家。
通りに面した家。
朝には元気な「いってきまーす」が聞こえる家。
冬の夕方にはシチューの匂いがする家。


百年の恋は椿を踏んでから  渡部州麻子

椿を踏んだその瞬間が、百年の恋の始まり。
足元の椿から、匂いがわっと広がるように、百年の未来が予感できるならば、椿を踏んでみようと思う。
来春にでも。


縄文のことばのかけら山ざくら  加根兼光

例えばタイムスリップができたとしたら。縄文時代に行ったとしたら。縄文人のみなさんと私たちとでは、言葉が変わりすぎて通じないかもしれない。「どこからきたの?」も「お腹空いた」も通じないかもしれない。それでも、一緒に散歩していたら、山桜が咲いていたりして、それを見て、みんなで笑顔になれるかもしれない。

例えばタイムスリップができなかったとしたら。縄文人の誰かが山桜に何か願いを込めていたとしたら。その願いはほんの少しでも、私たちに届くかもしれない。山桜を見る度に。



下村志津子 メトロ 10句  ≫読む
星野高士 鳥の巣 10句  ≫読む
夏井いつき 仏陀の目 30句 ≫読む
十亀わら むくげむくげ 10句 ≫読む
渡部州麻子 百年の恋 10句 ≫読む
加根兼光 指間(しかん)10句 ≫読む
山下知津子 影光らざる 10句  ≫読む
こしのゆみこ 天 辺 10句  ≫読む
しなだしん はさむほど 10句  ≫読む
日原 傳 朝 曇 10句  ≫読む

0 コメント: