2018-11-25

中嶋憲武✕西原天気の音楽千夜一夜 ドリス・トロイ「エイント・ザット・キュート」

中嶋憲武✕西原天気の音楽千夜一夜
ドリス・トロイ「エイント・ザット・キュート」


天気●前回、ジョージ・ハリスンのプロデュース曲だったので、今回もちょっと連続してみようかということで、ドリス・トロイ「エイント・ザット・キュート」です。


天気●アップル・レコードから1970年にリリースされたソウル歌手のアルバム。トロイ本人とジョージの共同プロデュース。その冒頭1曲目です。ドリス・トロイは60年代に活躍したシンガーで、ピアノを弾いて、曲も書くという人です。レコードは多くない模様。私はこの曲の入ったアルバムしか聴いたことがないです。

憲武●伸びがあって声量がスゴイ。バックの演奏にまったく負けてません。

天気●歌唱は、もろソウルというかR&Bなんですが、バックの音はその頃のビートルズ、というか英国っぽい。

憲武●もうほとんどブリティッシュロックですね。ロックミュージシャンのブラックミュージックへのアプローチってこうなるのかという。

天気●ギターの音色はジョージだと思うけど、ひょっとしたらエリック・クラプトンかも。エレクトリック・ピアノは音色からしてビリー・プレストン、映画『レット・イット・ビー』の屋上で弾いてた人。

憲武●間違いないです。ビリー・プレストン。

天気●どうせだから、パーソネルをWikipediaから引くと、

Doris Troy – vocals, piano, backing vocals
George Harrison – electric guitar
Klaus Voormann – bass
Ringo Starr – drums
Billy Preston – piano, organ, electric piano
Stephen Stills – electric guitar, piano, backing vocals
Peter Frampton – electric guitar
Alan White – drums
Eric Clapton – electric guitar
Delaney Bramlett – percussion
Bonnie Bramlett – percussion
Leon Russell – unspecified
Bobby Whitlock – unspecified
Jim Gordon – unspecified
Rita Coolidge – backing vocals
John Barham – string and brass arrangements
uncredited – horn section

クラウス・フォアマンというビートルズ関連でよく名前を見るベーシストが入ってます。

憲武●豪華なメンバーですね。ピーター・フランプトンやリタ・クーリッジなど、70年代中頃から80年代にかけて、大いに名声を博した人々です。

天気●あと、レオン・ラッセルやデラニー&ボニー・ブラムレットなど、米国南部の要素は、この曲からひしひしと伝わります。

憲武●はい。スティーブン・スティルスもいます。ウエストコーストの香りもさらっと。

天気●米国のルーツ・ミュージックが、ロンドンのスタジオでアップル的な展開をしたと思うと、この1970年のアルバム、なかなか味わい深いんですよね。


(最終回まで、あと926夜) 
(次回は中嶋憲武の推薦曲)

0 コメント: