2021-11-14

常原拓【週俳7月9月10月の俳句を読む】ウエハースとアイロニー

 【週俳7月9月10月の俳句を読む】

ウエハースとアイロニー

常原 拓


生きかたが尻とりの彼氏       湊圭伍

どこか主体性のない「彼氏」を揶揄しているようであるが、「尻とり」は相手がいてはじめて成立するもの。言葉尻を捉えて気の利いた言葉を返すという遊びから、「彼氏」のウイットに富んだ一面が垣間見える。

玉音が洩れとるパッキン替えときや  同

「玉音」という重たい言葉を「パッキン替えときや」という軽い関西弁でずらす。私の思う〈現代川柳的批評精神〉を強く感じる一句。


雨の鳥たうもろこしの花のうへ    上田信治

「雨の鳥」という措辞がいい。雨上がりではなく、おそらくまだ雨は降り続いているのであろう。クローズアップされた鳥の重さや質感が迫ってくる。

夾竹桃ジンをどぼどぼと捨てにけり  同

「どぼどぼ」と酒を捨てた経験は私にもある。少しの後悔と何とも言えないカタルシスがあったような。取り合わせた季語「夾竹桃」の暑苦しさが効いている。


配線をこぼして秋の兜虫       恩田富太

夏が終わると飼っていた兜虫は死に、卵が遺されているであろう土に霧吹きをしていたことを思い出した。「配線をこぼして」とは、コードが床に絡まり合っていることであろうか。埃にまみれて床の一部のように見えるが、そこには常に電気が通い、あらゆる家電を生かし続けている。

青蜜柑剝くやコンセントに火花    同

「コンセントに火花」は、皮を剝くときの飛沫からの連想であろうか。「青蜜柑」であることで殊更に酸っぱい匂いが漂い、 尖った青春の様相が立ち上がってくる。視覚と嗅覚で味わいたい一句。


ウエハースに鉄カルシウム小鳥来る  本多遊子

最近は栄養補助食品として売られているのをよく見かける。本来は味や栄養ではなく、食感を楽しむだけのものであったはず。なぜか付加価値を背負わされたウエハースへのアイロニーが面白い。季語「小鳥来る」との離れ具合も絶妙。

赤い羽根先だけ磨く夫の靴      同

胸の「赤い羽根」に目が行くため、靴磨きを適当に済ませたという意か。それとも、〈たすけあいの精神〉から、普段は磨かない靴を少しだけ磨いてみたのか。どちらにしても、十月、「夫の靴」がぴかぴかになることはない。




第741号 2021年7月4日 湊圭伍 あまがみ草紙 10句 ≫読む

第752号 2021年9月19日 上田信治 犬はけだもの 42句 ≫読む 

第756号 2021年10月17日 恩田富太 コンセント 10句 ≫読む

第757号 2021年10月24日 本多遊子 ウエハース 10句 ≫読む

0 コメント: