2018-12-09

【週俳11月の俳句を読む】新しい眺め 西原天気

【週俳11月の俳句を読む】
新しい眺め

西原天気


屋上の最前線に秋の空  中田美子

屋上から見える秋の空。事象としてはただそれだけのシンプルかつ当然。ところが、「最前線」と言われると、屋上の端に立つ人の視線の方向へと、屋上ごと、ビルごと、突き進んでいくかのような動きがあらわれ、秋空の開放感・爽快感もひとしお。

ひおもてをくしやみの粒のながれゆく  大塚凱

くしゃみの飛沫は唾液が成分だろうし、風邪のウイルスも混じっていそう。それをこんなにも美しく、太陽光のなかできらきらと輝きながら流れていく飛沫として描く。「ひなた」ではなく「ひおもて」と(音数の関係ではあるものの)記すことで、さらに美しく、ちょっと浮世離れした眺めともなった。



俳句はときどき、既存のこと・もう知っているはずのことの一部を、あるいは全体をうっすらと更新してくれる。それは、未知がまだ残されているとの希望を、私たち読者に信じさせてくれるということだろう(ちょっと大げさに言えば、だが)。


中田美子 装置 10句 ≫読む
大塚 凱 真空地帯 10句 ≫読む

0 コメント: