2018-10-21

多摩川 西村麒麟✕福田若之 平井照敏編『現代の俳句』を語る 3/8 西村麒麟のオシ:後藤夜半

多摩川 西村麒麟✕福田若之 平井照敏編『現代の俳句』を語る
3/8 西村麒麟のオシ:後藤夜半



【言及作家・言及句】
我これを南瓜の苗と思ふなり    高野素十
桔梗の花の中よりくもの糸
くもの絲一すぢよぎる百合の前
  ●
銀河系のとある酒場のヒヤシンス   橋閒石
  ●
滝の上に水現れて落ちにけり    後藤夜半
金魚玉天神祭映りそむ
涅槃図にまやぶにんとぞ読まれける
獣に青き獅子あり涅槃像
山上憶良を鹿の顔に見き
てのひらにのせてくださる柏餅
ぺろぺろと鳴る草笛を教りぬ
よきコリー飼はれて静か松の内
歌留多讀むことは上手と思ひしに
又の名のゆうれい草と遊びけり
夏料理心を籠めて皿少な
河豚鍋の教へられたるものに箸
  ●

0 コメント: