2010-05-02

週刊俳句 功労賞

週刊俳句 功労賞 
週刊俳句3周年記念特別顕彰企画


先日行なわれた週刊俳句3周年記念懇親会で発表された「週刊俳句功労賞」。これは、この4月だけで4万字を越える原稿を寄稿してくださった猫髭さんを顕彰しようというもの。1か月で4万字の原稿。それだけの分量の寄稿は空前にしておそらく絶後。

そこで、功労賞に輝いた猫髭さんの週刊俳句およびウラハイ上での記事のリンクを以下にまとめておくので、ご参照ください。

週刊俳句

2号 例句に見識と遊び心 角川文庫『俳句歳時記第四版』
10号 週俳6月の俳句を読む
15号 週俳7月の俳句を読む(上)1/2
16号 週俳7月の俳句を読む(下)2/3
19号 与えられた状況のための最良の者(2007年8月の俳句を読む)
42号 静かな場所 対中いずみ「氷柱」10句と田中裕明(2008年1月の俳句を読む)
63号 『俳句』2008年7月号を読む
85号 『俳句αあるふぁ』創刊100号記念特別号を読む
97号 十句の封印による反祝婚歌 10句
102号 「週刊俳句」のココがダメだ インターネット外部の「大人の俳句」をもっと
120号 古誌を読む ルイ14世のように『俳句』昭和34(1959)年5月号 高浜虚子追悼号
125号 マン・レイのように 中村安伸「水は水に」30句を読む
129号 俳句関連書を読む 岩淵喜代子『評伝 頂上の石鼎』を読む
133号 俳句関連書を読む 真っ赤な嘘をつく 鷹羽狩行『俳句の秘法』
147号 文庫化をよろこぶ 虚子『俳句の作りよう』『俳句とはどんなものか』、子規『仰臥漫録』
152号 オーロラ吟行第1日 フェアバンクス行最終便 〔前篇〕
153号 オーロラ吟行第1日 フェアバンクス行最終便 〔後篇〕
154号 オーロラ吟行第2日 フレッド・マイヤーに嵌る 〔前篇〕
155号 オーロラ吟行第2日 フレッド・マイヤーに嵌る 〔後篇〕
156号 オーロラ吟行第3日 マイナス30℃でチェナ温泉に入る 〔前篇〕
157号 オーロラ吟行第3日 マイナス30℃でチェナ温泉に入る 〔後篇〕

ウラハイ

「女性が担う俳句の未来」をめぐって 「実年齢って問題になるんでしょうか? こういう場合」への反論
歳時記いろいろ
猫も歩けば類句に当る 第1回
猫も歩けば類句に当る 第2回
猫も歩けば類句に当たる 第3回〔上〕
猫も歩けば類句に当たる 第3回〔下〕
ホトトギス雑詠選抄〔1〕冬の部(一月)屠蘇
ホトトギス雑詠選抄〔2〕冬の部(一月)小豆粥
ホトトギス雑詠選抄〔3〕冬の部(一月)大寒
ホトトギス雑詠選抄〔4〕冬の部(一月)氷柱
ホトトギス雑詠選抄〔5〕春の部(二月)雪解
ホトトギス雑詠選抄〔6〕春の部(二月)梅
ホトトギス雑詠選抄〔7〕春の部(二月)春寒
ホトトギス雑詠選抄〔8〕春の部(二月)実朝忌
ホトトギス雑詠選抄〔9〕春の部(三月)啓蟄
ホトトギス雑詠選抄〔10〕春の部(三月)彼岸・上
ホトトギス雑詠選抄〔10〕春の部(三月)彼岸・下
ホトトギス雑詠選抄〔11〕春の部(三月)鮊子・上
ホトトギス雑詠選抄〔11〕春の部(三月)鮊子・下
ホトトギス雑詠選抄〔12〕春の部(四月)花冷・上
ホトトギス雑詠選抄〔12〕春の部(三月)花冷・下
ホトトギス雑詠選抄〔13〕春の部(四月)桜餅・上
ホトトギス雑詠選抄〔13〕春の部(四月)桜餅・下
ホトトギス雑詠選抄〔14〕春の部(四月)春の宵・上
ホトトギス雑詠選抄〔14〕春の部(四月)春の宵・下
ホトトギス雑詠選抄〔15〕春の部(四月)チューリップ・上
ホトトギス雑詠選抄〔15〕春の部(四月)チューリップ・下
ホトトギス雑詠選抄〔16〕春の部(四月)シクラメン・上
ホトトギス雑詠選抄〔16〕春の部(四月)シクラメン・下

0 コメント: